主婦でも借りれるキャッシング

アイフルは総量規制対象外?

消費者金融のアイフルは、テレビコマーシャルでも人気がありますので、初めてのカードローンに選ばれることが多くなります。
親しみやすい印象のあるカードローンですが、総量規制の影響がある点に注意が必要です。
総量規制は、貸金業者による過剰な貸付を防止する目的であり、希望する金額が借りれない場合もあります。
総量規制の基本を理解し、自分に合ったカードローンを見つけるようにしましょう。

 

総量規制で借りられる金額とは?

 

総量規制は、貸金業法という法律にある仕組みのことをいいます。
具体的には、アイフルのような消費者金融が融資を行う際、利用者の残高の合計が年収の3分の1を超えてはならないというものです。
たとえば、年収300万円の方がアイフルに申込む場合、他の消費者金融からの借入れがなければ、アイフルで借りられる上限額は100万円までとなります。
年収の3分の1を超える融資は禁止されていますので、高額融資が必要なときは、対象外の銀行カードローンを選ぶことになります。

 

総量規制対象外カードローンとは?

 

総量規制の対象かどうかは、「銀行カードローンかどうか?」で判断します。
総量規制がある貸金業法は、貸金業者、つまり、消費者金融や信販会社、クレジット会社などを規制するものです。
銀行は、銀行法などによる規制がありますが、融資の上限額を定めた仕組みはありません。
高額融資が必要なときは、アイフルのような消費者金融ではなく、銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

 

希望する金額が50万円以下なら消費者金融アイフルがおすすめ!

 

希望する金額が50万円以下で、それが年収の3分の1以下なら、消費者金融のアイフルがおすすめです。
収入証明書なしで申込むことができますし、申込み完了から1時間もあればカードの限度額が決定します。
アイフルの自動契約機でカード発行を受ければ、申込んだ当日中にアイフルのカードを使うことも可能になります。