主婦でも借りれるキャッシング

専業主婦ローン複数可能?

2010年6月に施行された改正貸金業法により、専業主婦のローンの環境が厳しくなったといわれています。
消費者金融や信販会社の貸金業者からの融資は、原則として、年収の3分の1を上限に規制されるようになりましたので、専業主婦の利用ができなくなっているからです。
しかし、総量規制対象外カードローンを選べば、専業主婦でもローンを組むことができますし、複数カードローンを活用することも可能です。
専業主婦に融資しているカードローンを確認し、専業主婦でも高額融資にチャレンジしてみてください。

 

総量規制対象外カードローンとは?

 

総量規制対象外は、銀行のカードローンのことをいいます。
貸金業法が規制する業者は、「貸金業者」というものですが、これは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などのことを指します。
この貸金業者には、銀行や信用金庫は含まれていませんので、銀行などのカードローンは総量規制対象外ということになるわけです。
すべての総量規制対象外カードローンが専業主婦に融資しているわけではありませんが、いくつかの金融機関で融資が行われています。

 

専業主婦に融資をしている金融機関

 

専業主婦入所している金融機関では、みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどに人気があります。
どちらも大手の銀行のサービスになりますので、業者の危険性は全くありません。
ただし、どちらのサービスも専業主婦への融資については、限度額の上限を30万円までとしています。
30万円超の金額を希望する専業主婦は、複数カードローンの同時申込も検討してみてください。

 

専業主婦ローンの申込み必要な書類

 

専業主婦が複数のカードローンに申込む場合でも、特別な書類が必要になることはありません。
本人確認書類という、「申込みをした本人であること」が分かる書類があれば十分です。
運転免許証や健康保険証、パスポートなどがあればローンの申込みができますので、早めに用意して公式サイトにアクセスしてみてください。