教育費でお金が必要な主婦です…カードローンは作れますか?

教育費でお金が必要な主婦です…カードローンは作れますか?

主婦の場合は、子どもの教育費や養育費なども必要になりますので、カードローンが利用できるようにしておくと、いざというときに慌てずに済みます。

 

主婦だからといってカードローンの利用が断られることはありませんが、審査を受けるにあたって、一定の注意点があるのも事実です。

 

時間をかけて申し込みを決断したのに、あっけなく審査落ちとならないよう、ポイントを理解した上で申込むようにしてください。

 

ここでは、主婦がカードローンに申込む際の注意点についてご紹介します。

 

 

専業主婦が利用できないカードローンとは?

 

同じ主婦でも「専業主婦」については、利用できないカードローンが多くなります。

 

まず、専業主婦は、銀行以外の消費者金融や信販会社のカードローンには申込めませんので、

 

 専業主婦の利用を認めている銀行カードローン

 

に申込まないといけません。

 

専業主婦の利用を認めているのは、「みずほ銀行カードローン」、「三菱東京UFJ銀行 バンクイック」などがあります。

 

みずほ銀行カードローンに人気がありますが、どちらも30万円までの限度額が認められるサービスとなります。

 

 

はたらく主婦は、消費者金融も検討可能!

 

専業主婦については、申込先に一定の制約がありますが、はたらく主婦は、消費者金融でも銀行カードローンでも申し込めます。

 

モビットは安定した収入があれば主婦でも申込むことができます。

 

しかし、モビットのような消費者金融に申込む場合は、

 

 ・総量規制があること
 ・収入証明の提出要件があること

 

に注意が必要です。

 

まず、モビットからお金を借りるときは、「すべてのキャッシング残高の合計額が年収の3分の1を超えない範囲」での融資になります。

 

パート収入が年間150万円ある主婦なら「50万円まで」、というように総量規制によって決められています。

 

申込みのときに慌てないよう、また本当に必要な金額だけ申込むことをおすすめします。